歌手への道のり

『歌手』 最新ツイート

@ScottEngel0211

@LennonZakkey ティーネイジャーがより気持ちを代弁する音楽としてフォーク・ロックを支持したことで,ここで初めて反体制とロックンロールのイメージが結合したんだと思います。ただし,プロテストソングを歌っていた歌手と違って所詮は底の浅い感は否めず,ニクソン政権が誕生し

33秒前 - 2015年07月30日


@sislacker

@star_sfaia 姫(歌手・芸人・OL・妖精(蛾を含む)・芸術家・料理人)なんやできっと

41秒前 - 2015年07月30日


@tkms_hl

自分の歌を聴きたいって言ってくれる人がいるってすごく幸せな事だなって思う。私は歌手でもアイドルでもなんでもないから歌うの上手いわけでもないし、教室とかも通ってないし、ただ歌が好きで好きなように歌ってるからあなたの歌声好きだよ、って言ってもらえるとすごく嬉しい。

58秒前 - 2015年07月30日


歌手といっても、時代とともに変化しています!

歌手といえば、昔は雲の上の存在であったといえます。
私生活は謎につつまれており、一人で町を出歩いたりすれば、瞬く間に芸能記者とファンに取り囲まれてしまいました。
日本の有名な女性シンガーは、幼い頃から全国各地で巡業を行い、厳しい批判と辛い指導に耐えていました。
やがて、その歌唱力が評価され、ドラマのような壮絶な人生もあいまって、後世まで名を残すこととなりました。
また、奇抜な歌詞と衣装で話題となった女性デュオは、歌い方とルックスが賛否両論を巻き起こして社会現象とまでなり、忙しい時期には眠りながら舞台に立って歌っているような状態だったと言われています。
ですが、20世紀末から21世紀はじめにかけて、一般人からは遠い存在である歌手のイメージは大きく変化することとなります。
テレビでオーディション番組が放送されるようになり、特別な才能を持った人ばかりでなく、普通の人の中から人材を発掘してデビューさせようという動きが活発になりました。
また、インターネットが普及したことにより、本人が私生活をブログで公表するのは当たり前になりましたし、芸能事務所に所属していないアマチュアの人々も、動画サイトに自分が歌う姿を投稿できるようになり、一般人との境界は極めて曖昧になっています。
このように、現代の歌手はかつてとは異なり、どこにでもいる親しい存在となったと言えます。

歌手になる練習をするならカラオケボックスがオススメ

世界には様々な音楽がありますが、ヨーロッパならクラッシック、アメリカならブルースやロックンロールが有名です。
世界各国、あらゆる地域で音楽があり、日本では民謡や演歌というジャンルがあります。
音楽を演奏するにも多くの楽器があります。
国を象徴する独特な楽器もあり、インドならシタール、中国なら胡弓、日本の伝統楽器としては三味線、蛇皮線、和太鼓などを挙げることが出来るでしょう。
人の声も言ってみれば楽器と言えます。
十人いたら十人の声があり、百人いたら百人分の声質があって、同じ歌でも歌う人の声が違うだけで全く違った感じになるのです。
音楽は感情を表現する芸術ですが、ギターやピアノ、チェロやバイオリンも皆、如何に感情移入していくかといったところで練習も欠かせません。
歌を歌うことを声楽とも言いますが、ギターやドラムなどの楽器は修理が可能なのに対し、人の喉は歌い過ぎることでも病気にもなりますから細心の注意が必要です。
歌手になるためには日頃から喉を鍛えたり、ある時には休ませたりして、体調を整えることが重要になってくるのです。
歌手は感情表現豊かで、美しい歌声を人々に聴き与えてくれます。
最近ではカラオケなどの練習出来る場所が簡単に確保出来ることで、プロ歌手になろうとする人たちにとっては良い練習場として利用されているのです。